• ホーム
  • 事務所紹介
  • 無料相談
  • サポート料金
  • 相談事例
  • お客様の声
  • アクセス
  • お問合せ

さが相続・遺言の窓口

大きい土地を兄弟で相続したが、遠方に住んでいるため土地を分筆して売却したケース

大きい土地を兄弟で相続したが、遠方に住んでいるため土地を分筆して売却したケース

状況

このケースは神埼市に住んでいる依頼者から父親が亡くなった事ということで相続に関する依頼でした。

相続財産は神埼市にある300坪の広大な土地です。
依頼者は依頼者と弟の2人でした。弟は仕事の関係で東京に住んでいます。
不動産を兄弟の共有名義にするかどうかでのご相談で当事務所にいらっしゃいました。

当事務所からの提案&お手伝い

土地を共有名義にする場合は土地を売却することになった場合、両方の許可が必要になってきます。そこで、東京に住み続けることが決まっている弟とは別々の土地を単独で所有するのはどうかと提案をしました。

結果

この300坪の土地を2つに分筆して、依頼者は分筆後の150坪の土地をもらい受け、東京に住み続ける弟さんは、残りの150坪の土地を当事務所が紹介した佐賀市の不動産会社に販売を委託し、無事に売却をしました。

相続の無料相談実施中
当事務所に寄せられた相談事例
当事務所に寄せられた相談事例
相続手続き丸ごと代行サービス

アクセスマップ

司法書士みね法務事務所

〒840-0801
佐賀県佐賀市佐賀駅前中央3丁目15番7号
佐賀駅より徒歩8分
TEL:0952-97-5244

PAGE TOP