相談事例

疎遠だった兄弟が亡くなり、相続放棄をしたケース

状況遠方に住んでおり、10年以上連絡を取っていなかった長男が亡くなったという事で、佐賀市にお住まいの男性からご相談がありました。詳しくお話を聞いていくと長男には借金があったとのことで、早急に借金を放棄したいとのことでした。当事務所からの提案&お手伝い亡くなった長男の家族構成を相談者にヒアリングしたところ、独身だったとのことで、まずが状況を確認するために亡くなった長男の家に行き、借金の督促状や、銀行
続きを読む >>

相続人の一部から相続分を買い取り、スムーズに遺産分割協議が成立したケース

状況佐賀市にお住まいの男性からの相談でした。亡くなった父の相続に関して、遺産分割協議を行っていましたが、相続人が10名以上と多くなってしまっており、それぞれ高齢な方、遠方に居住している方もいましたので遺産分割協議がまとまるのに結構な時間を要すると予想される状態でした。相談者からは「相続手続きに関わる気はないので、できるだけ早く終わらせて貰いたい」とのことでした。当事務所からの提案&お手伝い一旦、他
続きを読む >>

何代にもわたって土地の相続登記をせずに放置していたケース

状況小城市にお住まいの男性の方からの相談でした。土地が相当前に亡くなった曾祖父の名義になっていたとのことで、曾祖父が亡くなってからも次々相続人が亡くなっていたので、現在は誰が相続を受ける対象なのか不明な状態のため、相続するべき方を確定したうえで相続手続きをお願いしたいとのことでした。当事務所からの提案&お手伝い相続人を確定する必要がありましたので、戸籍謄本を取得し、相続を受けるべき人が誰になるのか
続きを読む >>

相続手続き中に所有する山林の固定資産税の納税通知書が届いたケース

状況佐賀市にお住まいの男性からの相談でした。来所いただき、詳しい話を聞いていくと数年前に父が亡くなってしまったため、相続手続きを行ったとのことですが、その後、父が大分県に山林を保有していたことが分かったとのことでした。その山林に関して、つい最近になっていきなり役所から固定資産税の納税通知書が届くようになったとのことでした。山林である為、特にこだわってほしいわけでもなく、固定資産税の支払いが発生する
続きを読む >>

大きい土地を兄弟で相続したが、遠方に住んでいるため土地を分筆して売却したケース

状況このケースは神埼市に住んでいる依頼者から父親が亡くなった事ということで相続に関する依頼でした。相続財産は神埼市にある300坪の広大な土地です。依頼者は依頼者と弟の2人でした。弟は仕事の関係で東京に住んでいます。不動産を兄弟の共有名義にするかどうかでのご相談で当事務所にいらっしゃいました。当事務所からの提案&お手伝い土地を共有名義にする場合は土地を売却することになった場合、両方の許可が必要になっ
続きを読む >>

仲の悪い兄弟同士で土地を相続するとトラブルになるために土地を売却して現金を分割したケース

状況福岡にお住まいの女性の方からの相談でした。父が亡くなったことにより、相続が発生したため、相続手続きの依頼でした。母は既に亡くなっており、相続人は相談者と兄弟である長男の2人とのことでした。相続財産としては佐賀市内の父名義の土地と建物だけでしたが、遺産分割協議を行った際にどちらが相続をするか話し合いがまとまらないため、協議が進まない状態でした。当事務所からの提案&お手伝い不動産を2人で相続しよう
続きを読む >>

遺言書を作成したいが、内容を誰にも知られない形で作成したケース

状況相談にいらっしゃった佐賀市にお住まいの方は夫が既に亡くなっており、自身も健康状態が良くないという事で、遺言書を書きたいという事で、ご相談にいらっしゃいました。相続人として、長男と長女の2名がなる予定とのことですが、長男とは絶縁状態にある為、身の回りの世話をしてもらっている長女にのみ財産を渡したいとのことでした。当事務所からの提案&お手伝い相談者は最初、自筆の遺言書を残したいとのことでしたが、遺
続きを読む >>

自分の死後にペットの世話をしていただく代わりに財産を贈る旨の遺言書を作成したケース

状況佐賀市にお住まいの80歳の女性からのご相談でした。夫は既に亡くなっており、自身も高齢であるため、せめて自分の死後にかわいがっているペットを親友に世話をしてもらう代わりに相続財産の一部を親友に渡したいということで、ご相談にいらっしゃいました。当事務所からの提案&お手伝い親友とは既に話がついているとのことでしたので、ペットを世話してもらう代わりに相続財産の一部を親友に贈る旨を記載した遺言書を作成す
続きを読む >>

子供がいなかったため、どちらかが亡くなった際に財産を配偶者のみに渡すために遺言書を作成したケース

状況佐賀市にお住まいの夫婦からのご相談でした。夫婦ともに年齢が80歳代であり、子どもがいないという事で、将来的にどちらかが亡くなった場合にもう一方だけに財産を相続したいという事で、ご相談にいらっしゃいました。当事務所からの提案&お手伝いお互いの兄弟姉妹に相続財産を渡したくないという事でしたので、遺言書の作成をご提案しました。遺言書を作成し、どちらが亡くなった場合に財産を配偶者だけに渡す旨を記載する
続きを読む >>

証券会社(株式会社)の口座を名義変更したケース

状況複数の証券会社に株式を保有していた母が亡くなったという事で、江北町にお住まいの方からご相談をいただきました。株式の相続方法がわからないということで、相続の専門家である司法書士であればということで、株式の名義を自分の名義に変更してほしいとのご依頼でした。当事務所からの提案&お手伝い証券会社の名義変更手続きは証券会社によって書類のフォーマットが異なっており、非常に手続きが難しいとされています。まず
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
相続の無料相談実施中
当事務所に寄せられた相談事例
PAGE TOP